全国TOP >> 京都/観光 >> 清水・三十三間堂周辺 >> 方広寺

方広寺

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

方広寺とは

方広寺 方広寺は、豊臣秀吉が奈良東大寺の大仏殿を模して建てたお寺である。当時は奈良の大仏よりも大きかったと言われている大仏があったとされるが、度重なる災難によって壊され、現在残っているのは「国家安康の鐘」のみ。この鐘は「家康の名を2分して国安らかに豊臣を君として子孫繁栄を楽しむ」との解釈で家康を怒らせ、大阪冬の陣が起きるきっかけとなったものとして有名。
今週のランキング:103位 エリア:清水・三十三間堂周辺
ジャンル:寺院 /

概要

名称方広寺
(ほうこうじ)
営業時間9:00〜16:00
休業日無休
料金拝観200円
住所京都府京都市東山区大和大路通正面東入ル茶屋町527-2
電話番号075-531-4928

アクセス

JR京都駅から市バス206系統で5分、バス停:博物館三庶O間堂前下車、徒歩5分。または京阪電気鉄道七条駅から徒歩5分

清水・三十三間堂周辺で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。