全国TOP >> 京都/観光 >> 京都御所周辺 >> 相国寺

相国寺

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

相国寺とは

相国寺 相国寺は1392年、足利義満が室町幕府の東側に創建したお寺である。現在残されているのは、度重なる焼失と復興を繰り返された末、1605年豊臣秀頼の寄進により再建されたものである。伝運慶作の本尊釈迦如来像、手を鳴らすと共鳴音が響くことで知られる狩野光信筆の「鳴き龍」のある法堂は重要文化財。一般公開は春(3月24日〜6月24日)と秋(9月15日〜12月8日)の2回で、法堂、方丈、浴室を見学することが出来る。
今週のランキング:73位 エリア:京都御所周辺
ジャンル:寺院 / 足利義満 / 豊臣秀頼 / 狩野光信 / 鳴き龍 / 重要文化財 /

概要

名称相国寺
(しょうこくじ)
営業時間特別拝観時受付10:00〜16:00
休業日無休
料金境内自由(春と秋の特別拝観時は800円)
住所京都府京都市上京区相国寺門前町701
電話番号075-231-0301

アクセス

京都市営地下鉄今出川駅1番出口から徒歩7分

京都御所周辺で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。