全国TOP >> 京都/観光 >> 嵐山・嵯峨野 >> 落柿舎

落柿舎

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

落柿舎とは

落柿舎 落柿舎は松尾芭蕉の門人だった向井去来の閑居跡である。名前の由来は、去来が庭の柿の木を商人に売る契約をした夜に、台風で実が全部落ちてしまったというエピメ[ドから来ているとのこと。ひなびた茅葺き屋根の庵という素朴な佇まいは、趣深い風情を出している。また敷地内には芭蕉や高浜虚子の句碑とともに、来訪者のための投句箱もある。
今週のランキング:247位 エリア:嵐山・嵯峨野
ジャンル:神社 / 寺院 /

概要

名称落柿舎
(らくししゃ)
営業時間9:00〜17:00(1・2月は10:00〜16:00)
休業日無休
料金拝観200円
住所京都府京都市右京区嵯峨小倉山緋明神町20
電話番号075-881-1953

アクセス

JR嵯峨嵐山駅から徒歩20分。またはJR京都駅から市バス28系統で26分、バス停:嵯峨釈迦堂前下車、徒歩5分

嵐山・嵯峨野で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。