全国TOP >> 京都/観光 >> 下鴨・上賀茂・宝ヶ池 >> 大徳寺

大徳寺

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

大徳寺とは

大徳寺 大徳寺は鎌倉末期に創建された臨済宗大徳寺派の大本山である。応仁の乱で大半を焼失するが、一休禅師が再建。広大な境内には22もの塔頭が建ち並ぶ。その中の一つ高桐院は千利休の七哲のひとり細川忠興による創建ということもあり、お茶と非常にゆかりが深い。重要文化財の三門も利休の援助によって完成。その上層に利休自らの木像を安置したため秀吉の怒りを買い、切腹の一因となったと伝えられている。
今週のランキング:16位 エリア:下鴨・上賀茂・宝ヶ池
ジャンル:寺院 /

概要

名称大徳寺
(だいとくじ)
休業日無休
料金境内自由(塔頭拝観料は350〜400円)
住所京都府京都市北区紫野大徳寺町53

アクセス

京都市営地下鉄北大路駅2番出口から徒歩15分。または市バス1・205・206系統で5分、バス停:大徳寺前下車、徒歩5分

下鴨・上賀茂・宝ヶ池で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。