全国TOP >> 京都/観光 >> 哲学の道周辺 >> 慈照寺(銀閣寺)

慈照寺(銀閣寺)

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

慈照寺(銀閣寺)とは

慈照寺(銀閣寺) 人々から銀閣寺と呼ばれている慈照寺は、もともとは室町幕府8代将軍足利義政が、祖父義満の建てた金閣寺にならって建てた別荘である。当時の遺高?cしているのは、通称銀閣と呼ばれる観音殿(国宝)と東求堂(国宝)だけ。また白砂で敷き詰められた庭園は東山文化を代浮キる特別名勝で、足を運べば侘びと寂びの世界を肌で感じることが出来る。
今週のランキング:98位 エリア:哲学の道周辺
ジャンル:神社 / 寺院 /

概要

名称慈照寺(銀閣寺)
(じしょうじ(ぎんかくじ))
営業時間8:30〜17:00(12月10日〜2月末日は9:00〜16:30)
休業日無休
料金拝観500円(東求堂、本堂の襖絵は錐桙ン制別途1000円)
住所京都府京都市左京区銀閣寺町2
電話番号075-771-5725

アクセス

JR京都駅から市バス5・17系統で25分、バス停:銀閣寺道下車、徒歩7分

哲学の道周辺で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。