全国TOP >> 京都/観光 >> 京都駅周辺 >> 教王護国寺(東寺)

教王護国寺(東寺)

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

教王護国寺(東寺)とは

教王護国寺(東寺) 教王護国寺(東寺)は日本一の高さ(55m)を誇る国宝「五重塔」で知られる寺で、823年(弘仁14)に空海(=弘法大師)が嵯峨天皇より賜り、真言宗の根本道場とした。東寺は戦火で一時大半を失うも江戸時代に再建され、創建当時の特徴を多く引き継いだまま現在に至る。毎月21日には「弘法市」が開かれ、境内に様々な骨董品が並び、昔ながらの風景を楽しむことが出来る。
今週のランキング:28位 エリア:京都駅周辺
ジャンル:神社 / 寺院 /

概要

名称教王護国寺(東寺)
(きょうおうごこくじ(とうじ))
営業時間8:30〜16:30(3月20日〜9月19日は〜17:30)
休業日無休
料金境内自由(堂内拝観500円、宝物館500円)
住所京都府京都市南区九条町1
電話番号075-691-3325

アクセス

近畿日本鉄道東寺駅から徒歩5分

京都駅周辺で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。